平和病院 連絡先 011-662-2525
コンテンツ
トップページ
院長ご挨拶
理念
診療案内
施設概要
設備
健診予防接種
アクセス
募集案内
静和会マーク
静和会グループ施設リンク
院長ご挨拶

患者様の人間としての尊厳を保ち、暖かい家庭的な環境での療養をめざします。
院長写真  わが国の平均寿命は世界一の水準に達し、一方総人口は減少し始めています。こうしたなか、65歳以上の高齢者(とくに75歳以上の後期高齢者)の増加により、超高齢社会が到来しています。介護を行う家族の高齢化も進んでおり、在宅での対応はいっそう困難と思われます。
 平和病院は、介護の必要性の高い患者様のための介護保険適用療養病床と、医療需要度の高い患者様のための医療保険適用療養病床を併せ持っており、いずれの病床へも長期の入院が可能です。
 当院では、患者様の人権が保障され、人間としての尊厳が保たれるよう配慮しています。高齢の患者様は、たとえ身体が不自由になっても、認知症があっても、一生懸命に生きています。障害を有していても、人はみな人間としての成熟に向けて生涯発達し続ける存在であると考えることができます。このような視点から、職員は高齢者に尊敬の念を持って接し、感性を豊かにして、患者様本位の医療と介護を心がけています。
 医師、看護師、介護福祉士、理学療法士、言語聴覚士、薬剤師、管理栄養士、介護支援専門員、ソーシャルワーカー、その他の職員が心を一つにして、暖かみのある家庭的な雰囲気のなかで、患者様が長期にわたって安心して療養できる病院をめざして、日夜努力を続けております。
平和病院 院長 山本 宏司

 略歴

昭和51年3月 秋田大学医学部卒業
昭和51年4月 北海道大学医学部第一内科入局
昭和60年10月 岩見沢市立総合病院 内科医長
平成13年4月 市立札幌病院 呼吸器科部長
平成16年4月 江別市立病院 副院長
平成18年10月 国立病院機構 西札幌病院 内科系診療部長
平成22年3月 国立病院機構 北海道医療センター 内科系診療部長
平成29年4月 医療法人社団静和会 平和病院 副院長
令和2年4月 医療法人社団静和会 平和病院 院長
画面上部へ
Copyright (C) 2006 医療法人社団 静和会. All Rights Reserved.